コーヒーの染み抜きは洗剤でも落ちる?手洗いでシミを落とす方法を紹介

URLをコピーする
URLをコピーしました!
スポンサーリンク

コーヒーの染み抜きは本当に家庭用洗剤で落ちるの?と心配ですよね。

特にお気に入りの洋服を汚してしまった瞬間は「あー、やっちゃた・・」と絶望感に襲われます。。

もし、事前に洗剤でコーヒーの染みを落とせる方法を知っておけば万が一コーヒーで染みを作ってしまっても安心です。

実はコーヒーの染み抜きを洗剤を使って手洗いするときは、あるポイントをおさえておくだけで、

染みの落ち方がグッと変わるんです!

この記事では、コーヒーの染み抜きを洗剤を使って手洗いで落としている私がコツを紹介します。

あかり

コツを知っておけば、コーヒーで染みを作ってしまっても直ぐに対応できるのでぜひ試してみてくださいね!

目次

▼コーヒーの染みはなぜ落ちにくいの?シミの成分を紹介

コーヒー 染み 成分

衣類を汚す汚れには、大きく分けて「水溶性」「油性」「不溶性」の3種類があります。

「水溶性」

醤油やソースなど、水に溶ける汚れで、水洗いで落とすことができます。

「油性」

チョコレートや口紅などに含まれる汚れで、油に溶けるため、クレンジングで落とすことができます。

「不溶性」

水にも油にも溶けないもので、泥やボールペンなどが該当します。水にも油にも溶けない汚れのことで、手もみや歯みがきなどの物理的な方法で落とすことができますが、家庭で落とすのは難しいと言われています。

この3種類の他にも

樹脂系の汚れ(ペンキ、塗料、接着剤など)

油性の汚れの中でも最も頑固な汚れです。

染料のシミ(赤ワイン、果物、マーカーなど)

色の濃い食品やインクに含まれる染料で簡単に落ちることもあります。

タンパク質のシミ(血液、肉、卵)

カビの原因になるだけでなく、時間や熱で不溶性になり、落ちにくくなる。

漂白汚れ(古いシミ、黄ばみ)

水性や油性の汚れが酸化することで生じる変質した汚れ。

私たちの日常生活の中には様々な種類の汚れがあり、中にはそれらが混在している場合もあります。

豆ねこ

コーヒーのシミは水溶性のシミに分類されますので、素早く対処できれば、洗剤と水で解決できます♪

■ 水溶性の染み  /  ブラックコーヒーまたは砂糖入りブラックコーヒーの場合

■ 油溶性の染み  /  カフェオレやカプチーノなどミルクを混ぜたコーヒーの場合

▼コーヒーの染み抜きを洗剤を使って手洗いするときの【注意点】

コーヒー 染み抜き 手洗い 注意点
  • 時間がたつと落ちないので急ぐ
  • 洗濯マークのチェック
  • 力強くこすらない

時間がたつと落ちないので急ぐ

コーヒー 手洗い 急ぐ

シミはできるだけ早く取り除くことが大切です。時間が経つにつれ、シミが繊維の奥まで浸透してしまい、完全にシミを取り除くことが難しくなります。

シミをつけた直後は簡単に落とせることが多いので、早めに対処することが大切です。

洗濯マークのチェック

コーヒー手洗い 洗濯マーク

衣類にコーヒーをこぼしてしまった場合は、まず衣類についている洗濯表示を確認してください。

洗濯できない服の場合は、自宅でシミを落とすのは難しいでしょう。

「ウール」「シルク」など、水洗いできないほどデリケートな素材にシミがついてしまった場合は、クリーニングに出すのが最も安全で確実な方法です。

力強くこすらない

コーヒー 染み抜き 力強く

水溶性、油溶性にかかわらず、絶対にやってはいけないのが、シミをこすることです。

上からこすってしまうと、シミが広がったり、繊維の奥に入り込んだりして、落としにくくなってしまいます。

また、力強くこすることで大切な洋服に傷がついてしますこともあるので注意が必要です。

▼コーヒーの染み抜きを洗剤を使って手洗いで落とすときの【方法】

コーヒー 染み抜き 洗剤 手洗い 方法

淡い色の服にコーヒーをこぼすと、一滴でもかなり目立ってしまいますよね。

洗濯してもシミが取れず、結局捨ててしまったという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

コーヒーのシミは、色が濃いので落とすのが難しいと思われるかもしれませんが、方法を知っていれば意外と簡単に落とすことができます。

それでは、自宅で簡単にできる手洗いによるコーヒーのシミの落とし方をご紹介します。

準備するもの

  • 歯ブラシ
  • 汚れてもいいタオル
  • 食器洗い用の「中性洗剤」

手洗いの手順

コーヒー染み抜き 手洗い手順

①ぬるま湯でよく洗う

汚れた部分をぬるま湯で濡らし、一度で汚れを落とします。

②タオルの上に置く

シミの表面がタオルに接触するように置きます。

③洗剤を塗る

食器用中性洗剤をシミの裏側に塗り、軽くこすって布になじませます。

④歯ブラシで叩く

シミの裏側から歯ブラシで軽く叩いてシミをたたき出します。

コーヒーが下のタオルににじみ出てくるので、時々タオルをずらして、きれいな面がシミに触れるようにしてください。

⑤すすぎ

洗剤をぬるま湯でしっかりと洗い流します。それでも汚れが残っている場合は、3~4の手順を繰り返します。

⑥洗濯機で洗う

洗濯機で洗える衣類の場合は、洗濯機で仕上げるとさらに安心です。

いつものように洗濯用洗剤を入れて、洗濯機にかけます。

▼手洗いしても落ちないときの対処法

コーヒーの染みが付いてしまって時間がたってしまうと、なかなか染みが落ちないこともあります。

そんな時は他の方法も試してみるといいですね。

手洗い以外のおすすめの方法を紹介します。

漂白剤

コーヒーの染みがついてしまってから時間が経過してしまうと、コーヒーの色素が繊維にしっかり定着してしまい、普通の洗剤では完璧に落とすことが難しくなります。

そんな頑固なコーヒーのシミを落とすには、漂白剤を使います。

白物には漂白効果の高い塩素系漂白剤(えんそうけいひょうはくざい)を、色物には色落ちしにくい酸素系漂白剤を使います。

また、漂白剤には消臭効果もありますので、臭いを消すこともできます。

ただし、金属製のボタンやファスナーは、化学反応を起こして周囲の生地を劣化させたり、影響を与えたりする可能性がありますので、使用は避けてください。

クリーニング

どうしても自宅では落とせないコーヒーの染みがある場合はクリーニングに出してプロに任せるのがおすすめです。

プロに任せることで料金は掛かってしまいますが、お気に入りの洋服や、どうしても染み抜きしたい場合は迷わずプロにお願いしてみましょう。

クリーニングに出す場合でも時間が経過してしまうと落ちにくくなってしまうので、なるべく早く持っていくのがおすすめです。

 ▼コーヒーの染み抜きを洗剤を使って手洗いで落とすときの【おすすめの洗剤】

コーヒー染み抜きおすすめ洗剤

花王 キュキュット

▶︎液性:中性

▶成分:界面活性剤(37%、高級アルコール系(陰イオン)、ジアルキルスルホコハク酸ナトリウム)、安定化剤、除菌剤

▶︎内容量:240ml

▶︎香り:オレンジの香り

LION チャーミーVクイック

▶︎液性:中性

▶成分:界面活性剤(23% アルファオレフィンスルホン酸ナトリウム、ポリオキシエチレン脂肪酸アルカノールアミド、アルキルアミンオキシド)、安定化剤

▶︎内容量:260ml

▶︎香り:レモンの香り

花王 ファミリーフィレッシュコンパクト

▶︎液性:中性

▶成分:界面活性剤(33%、高級アルコール系(陰イオン)、アルキルヒドロキシスルホベタイン、アルキルアミンオキシド、アルキルグリコシド)、安定化剤

▶︎内容量:270ml

▶︎香り:ライムの香り

LION ママレモン

▶︎液性:中性

▶成分:界面活性剤(28% 直鎖アルキルベンゼン系、アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム)、安定化剤

▶︎内容量:800ml

▶︎香り:レモンの香り

【まとめ】コーヒーの染み抜きは洗剤でも落ちます!落ちないときはプロに相談!

コーヒー染み抜き手洗い洗剤まとめ

コーヒーが染みになってしまっても、諦めないで慌てずに濡れたティッシュやタオルで対処しましょう。

早くすればするほど、シミが残りにくくなります。

また、シミがついてから時間が経っている場合も、諦めずにシミ抜きをやってみましょう。

手洗いで解決できない場合は、シミ抜き専門のクリーニング店に相談してみるのがおすすめです。

豆ねこ

特に、外でコーヒーを飲むことが多い人や、お出かけ中でも衣類などのシミをすぐに対処したい人は、携帯用のシミ抜き剤を持ち歩くと安心ですね♪

\「今だけ」500円でモテ美肌になれる♪/

>>肌の実感値を画像で紹介

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる