【ハロウィン】お菓子の種類に意味はあるの?配るお菓子のおすすめを紹介

ハロウィン お菓子 種類 意味

ハロウィンで子供たちに配るお菓子にそれぞれ意味があるのか気になりますよね?

子供たちにお菓子を配ったあとで、それぞれに意味があったことを知ったら、真意ではないことが伝わってしまってないか?不安です。

もし、ハロウィンで配るお菓子の種類に意味があるのなら、事前にしておきたい調べてみました♪

この記事では、ハロウィンが大好きな私が、ハロウィンで配るお菓子の種類に意味があるのか調べてみたことを詳しく紹介します!

子供たちにハロウィンで配るおすすめのお菓子も要チェックです!

あかり

ぜひ今年のハロウィンで配るお菓子の参考にしてみてくださいね♪

目次

ハロウィンで配るお菓子の種類にはそれぞれ意味があるの?

ハロウィン お菓子 意味

詳しく調べた結果、ハロウィンで配るお菓子の種類によって特に意味はないようです。

海外の国々によっても、また、その時代にあったお菓子も異なります。

オーストラリアでは、「ヌガー」 や 「タフィー」と呼ばれるハードキャンディやキャンディを、昔からのハロウィンレシピとして用意することが多いようです。

他にもイギリスでは、ハロウィンはリンゴの収穫時期と重なるので、キャンディーでコーティングされたリンゴを「タフィー・アップル」と呼んでいます。このお菓子はお祭りの出店で見たことのある「りんご飴」に似ているお菓子です。

ハロウィンで配るお菓子の種類によって特に意味はないため、子供たちが喜びそうなお菓子を用意してあげるといいですね。

豆ねこ

お菓子の種類に特に意味を持たないなら、喜んでもらえるお菓子が一番だね♪

ハロウィンの定番お菓子の種類

ハロウィン 定番 お菓子

ハロウィーンのお菓子といえば、「キャンディー」や「チョコレート」「クッキー」などが定番で人気です。

これらのお菓子は、日本だけでなく、ハロウィンの本場であるアメリカでも人気があります。

しかし、この人気は子どもたちだけでなく、その理由はお菓子を配る大人たちにも及んでいます。

  • 衛生面に配慮した包装が可能な「お菓子」
  • 個別包装は便利で手間いらずな「お菓子」
  • 経済的な価格で、簡単に調理もできる「お菓子」

などの理由もあるようです。

また、コロナの影響から特に衛生面に関しては注意も必要なため、個別包装ができるお菓子は、「配る側」「もらう側」にもおすすめです。

ハロウィンで配る人気のおすすめ「お菓子」

ハロウィン 人気 お菓子

日本でもすっかりハロウィン文化が定着し、秋が深まるにつれ、いたるところでハロウィン限定のお菓子を見かけるようになりました。

家族で仮装したり、カップルで参加したりと、ハロウィンの過ごし方はさまざまです。

もちろん、ハロウィンにはお菓子が絶対に欠かせません。

子どもたちに配るのはもちろん、友達と交換したり、ひとりで楽しんだりするのにもぴったりな、ハロウィン限定のお菓子を紹介します。

キャンディー

ハロウィン キャンディー

ハロウィンで配られるお菓子の人気アイテムの1つが「キャンディー」

キャンディーは小分けになっていて配りやすいという利点があります。それ以外にも、「苦手な人が少ない」「もし苦手でも誰かにあげられる」と言った点からも配るのにおすすめです。

また、子供には棒の付いたキャンディーが喜ばれることが多いそうです。

クッキー

ハロウィン クッキー

日持ちのするクッキーなどの焼き菓子は、自分のタイミングで食べることができますし、ケーキやゼリーのように冷やしたりフォークやスプーンを使ったりする必要がなく、手軽に食べられるのも人気の理由です。

チョコレート

ハロウィン チョコレート

子供から大人まで幅広く愛されているチョコレート。最近では、健康効果が期待できる食品とも言われています。

豆ねこ

配った後にチョコレートが溶けてしまうことがあるので注意が必要だね♪

マシュマロ

ハロウィン マシュマロ

マシュマロは、そのまま食べてもおいしいですが、焼いたり、ホットドリンクに溶かしたりと、いろいろな楽しみ方がありますよね。

最近では、マシュマロピザやスモア、ヨーグルト、トーストなどもあるほど人気があります。

また、マシュマロは白くてお化けにもアレンジしやすいことから、ハロウィンでは子供に喜ばれる人気のアイテムの1つとなっています。

ドーナッツ

ハロウィン ドーナッツ

コンビニにも専門のドーナッツが販売されるほど人気の「ドーナッツ」。

ハロウィンではお化けのデコレーションをしたドーナッツや、パンプキンアートのドーナッツが人気のようです。

マカロン

ハロウィン マカロン

日本でも有名になったフランスのマカロンは見た目も可愛らしい一口サイズのお菓子です。

ケーキでもなくショコラでもない唯一の存在感。日常的にマカロンを食べるという人は少ないですが、せっかくのハロウィンでもらって嬉しいお菓子の1つです。

ハロウィンで配るお菓子の量・価格

ハロウィン お菓子 量・価格

価格は100円から500円ぐらいが相場とされています。

ハロウィーンが広く祝われているアメリカでは、1つの家につき1個のキャンディやクッキーを配ります。

訪れる子供の数が少なければ、2〜3個のお菓子を渡すこともありますが、アメリカでは50人もの子供にお菓子を配ることもあるので、1人にたくさんのお菓子を渡すのではなく、1個程度のお菓子を渡すことが多いようです。

アメリカでは、50人もの子供たちにお菓子を配ることもあるそうですが、日本では割と多めに渡す場合も多く、詰め合わせのようにして配ることが一般的とされているようです。

ハロウィンのルールやマナー

ハロウィン ルール・マナー

ハロウィンを初めてやる方は、ハロウィンのルールやマナーを事前に知っておきましょう。

あかり

ルールを知っていることで楽しさも倍そうですね♪

お菓子の用意

ハロウィンのイベントでは、子供達にお菓子を配ることになります。

事前に子供たちに配る用のお菓子を用意しておきましょう♪

トリックオアトリート

海外では、ハロウィーンになると、子どもたちがお菓子をもらうために近所の家のドアを叩いて、「Trick or Treat」と言います。

日本語で「トリック・オア・トリート」というと、「困ったことになりたくなかったら、お菓子をくれ!」という意味です。

子供に「トリック・オア・トリート」と言われたら、事前に用意してあったお菓子を配るようにしましょう♪

仮装・コスプレ

必ず仮装やコスプレをしなければならないという決まりはありません。

元々仮装をするのは、悪い霊から身を守るために始まったそうです。

ハロウィーンには、先祖の霊だけでなく、悪魔や魔女、さまよえる魂などが死後の世界からやってきます。

人々は彼らに仮装することで、自分が彼らの仲間だと思わせ、身を守るためでした。

そのため、魔女や悪霊に扮して化粧をすることは、現在でも定番となっています。

ハロウィンの起源・発祥

ハロウィン 歴史・発祥

ハロウィーンの起源は、古代ケルトのドルイド教の祭礼「サウィン」にあると言われています。

古代ケルト人は、11月1日が新年で、10月31日の大晦日の夜に先祖の霊が家族を訪ねて戻ってくると信じていました。

しかし、悪霊も一緒にやってきて、農作物に影響を与えたり、子供をさらったりと、この世の人々に悪さをすると信じられていました。

そこで人々は、仮面をかぶったり、仮装したり、焚き火をしたりして、悪霊を追い払うことを思いついたのです。

やがてキリスト教圏にも広まりましたが、最近では宗教的な意味合いは薄れ、大人も子供も仮装をして楽しむイベントになっています。

【まとめ】ハロウィンで配るお菓子の種類に特に「意味はない」

ハロウィン お菓子 種類 意味 まとめ

いかがでしたでしょうか?

ハロウィンで配るお菓子の種類に特に「意味はない」ということがわかりました。

お菓子をもらって嬉しいのはもちろんですが、配る方も何をあげるか考えるのも楽しいですよね?

せっかくのハロウィンイベントなので、お菓子選びから楽しみましょう♪

\「今だけ」500円でモテ美肌になれる♪/

>>肌の実感値を画像で紹介

>>肌の実感値を画像で紹介

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次